光脱毛とレーザー脱毛の違い

全身脱毛Navi 〜口コミランキング〜【決定版】 > 光脱毛とレーザー脱毛の違い

光脱毛とレーザー脱毛の違い

“光脱毛”と”レーザー脱毛”の2種類のタイプの脱毛の施術方法。これらの違いについて今回はご説明致します。まず脱毛は、毛の周期と呼ばれる生え変わりのサイクルに沿って、皮膚の下で今後生えようとしている毛の毛根を根元から処理し、それを何度も繰り返し毛が生えないようにする事です。


レーザー脱毛は、この毛の周期のサイクルに沿って3ヶ月から6ヶ月に1度のペースで施術をする事ができるものとなっています。そのため脱毛が全て終わり、毛が生えない肌を手に入れるまでに少々時間が掛かってしまいます。またレーザー脱毛のレーザーは、種類にもよりますが主に黒色に反応をするため肌が日焼けなどにより茶色く色素沈着している場合や皮膚の色が元々濃い場合は、施術を受ける事ができない事もあります。そしてレーザー脱毛の場合は、脱毛後1週間は日焼けをしてしまう事により肌が炎症してしまう場合などもあるため日焼けに要注意をしなければなりません。またレーザー脱毛の施術手順は主に【毛の処理⇒冷却ジェル⇒脱毛⇒ジェルを取る⇒アイスノンなどで冷却をし、レーザーによる体の火照りを解消する】という流れになっています。


これと比べて光脱毛は、毛が薄くなる仕組みは基本的にはレーザー脱毛と同じとされています。しかしレーザー脱毛とは違い、レーザーである光が単一波長ではないため、細く様々な波長で光にフィルターを装着し、黒色の毛に反応するようになっています。そのため毛のメラニン色素にのみレーザーが反応するため、レーザー脱毛より安全性は高くアレルギー持ちの方や肌や皮膚が元々弱い方にはおすすめできる施術方法とされています。しかし光脱毛は、レーザー脱毛よりもレーザーの力が弱いため、脱毛が完了するまでに時間と回数がかかるとされています。またエステサロンや脱毛サロンで受ける事ができる光脱毛ではなく、市販でセルフで行う事ができる光脱毛は基本的には効果がないとされています。


レーザー脱毛と光脱毛は、両方にメリットデメリットが存在しています。しかしこのメリットデメリットは個人の体質によって施術方法を変える事により、そして脱毛したい箇所や部位によって大きく効果を発揮してくれるものでもあります。自分にはどちらの施術方法が適切なのか、まずは脱毛カウンセリングや脱毛体験に行き相性の良い施術方法をみつけましょう。自分と相性が良い施術方法をみつける事でより早くより美しく理想の素肌を手に入れる事ができます。