毛母細胞

毛母細胞

毛母細胞とは毛乳頭周辺の毛の細胞組織のことをいいます。毛乳頭から栄養素をもらい、細胞分裂することで毛をつくりだし成長させます。この毛母細胞を破壊する事で、脱毛が可能になります。ムダ毛を毛抜きで自己処理している方も多いでしょう。しかし、何度ムダ毛を抜いてもまた再生してきます。それはなぜでしょうか。皮膚表面にでている毛をいくら抜いても、毛穴の中に毛母細胞が残っている限り、毛は再生してきます。逆にそのムダ毛を根絶するには、毛母細胞ごと破壊するもしくは抜ききることが必要です。しかし、毛母細胞ごと家を抜く事は現状困難ですので、毛母細胞を破壊する方法として、ニードル脱毛で毛母細胞を焼きつくすか、レーザーやフラッシュ脱毛で毛母細胞を徐々に縮小させて消滅させる方法があります。どちらも毛母細胞にダメージを与える方法ですので、永久脱毛をお考えであれば脱毛サロンやクリニックで脱毛しましょう。