メラニン

メラニン

メラニンとは、人を含む動物、植物、原生動物、また一部の菌類、真正細菌において形成される色素で皮膚の細胞に含まれるちいさなツブです。人の肌色は人種により大きく異なりますが、同じ人種でも色の濃さには個人差があります。肌の色を決める要素の1つにメラニン色素があります。メラニン色素はシミを作り出すものと考えられがちですが、実際は私たちの体を紫外線から守る大切な働きをするものになります。もしメラニン色素がなければ、皮膚の奥深くまで紫外線が入り込み、少しの紫外線を浴びただけで、水ぶくれや炎症を起こすようになります。また、紫外線によってDNAを破壊され、皮膚癌などになってしまうのです。嫌なシミを増やしてしまうのも事実ですが、メラニン色素は私たちの体を守る大切な防衛物質の一つなのです。光脱毛やレーザー脱毛はメラニン色素に反応して照射しますので、紫外線を浴びすぎたお肌は脱毛施術を受けることは控える必要があります。